日焼け予防とケアー・火傷

日焼け予防とケアー・火傷

昔は健康のために日光浴をと言われていましたが、今では紫外線は美容の大敵だとか皮膚がんのもとだとか、老化のもとだとか何だか悪者扱いされていますね。
(もともとは人間が環境破壊をしたせいで、紫外線量が増したのですから、自然にしてみればこのような反応はいい迷惑かもしれませんが・・・)

一年中降り注ぐ紫外線により、皮膚内のシミのもとであるメラニン色素が増え、代謝により垢として剥がれ落ちれば何も問題ないのですが、剥がれ落ちず沈着したものがシミになると言われています。
美容や病気予防のため、紫外線対策は赤ちゃんのうちからとらなければならないとも言われるようにもなりました。

特に紫外線量の増す時期 (紫外線情報は→こちら) は、外出の際の帽子日傘は必携ですが、日焼け止めも必要となってきます。

ところが、この日焼け止めがなかなかの曲者で、かなりお肌の負担になるものが入っている模様。
日焼け止めの使用でお肌のトラブルを招いていたり、日焼け止めに含まれるいわゆる経皮毒により肝臓に負担がかかり、代謝が落ちて結果的にシミを作ってしまう人も少なくないようです。

ここは一つ、自然を毒することなく、自然の恩恵に感謝しながら自分たちの悩みを解消できる方法で乗り越えてみませんか?

ここでは日焼けや火傷の悩みを克服した方々の体験談をまとめました。

※ なお、ここでは炎症としての分類をしましたが美容については お肌の悩み ともリンクしますので、こちらもあわせてご覧下さい。

体験談

「日焼け止めにはひょうたん水が安心!」

長女が、中学でテニスをしていたのですが、外でのスポーツですので、日焼けして真っ黒になっていました。 日差しの強...

「強烈なニュージーランドの紫外線をものともしないひょうたん水に感激!」(10代 女性K・S)

1年間ニュージーランドに行っていました。 南半球の紫外線は日本の数十倍と言われており、特に夏の太陽は強烈で少し...

「大火傷が、ひょうたん水だけで綺麗になった!」(50代 男性I・N)

私は、鉄工所で働いています。 作業中に、加熱された油が爆発的に燃え上がり、炎が5メートルぐらいの高さまで燃え上...